スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

なんか最近とんでもないですね

クシエルの矢〈1〉八天使の王国 (ハヤカワ文庫FT)クシエルの矢〈1〉八天使の王国 (ハヤカワ文庫FT)
(2009/06/25)
ジャクリーン ケアリー

商品詳細を見る


クシエルの矢〈2〉蜘蛛たちの宮廷 (ハヤカワ文庫FT)クシエルの矢〈2〉蜘蛛たちの宮廷 (ハヤカワ文庫FT)
(2009/08)
ジャクリーン ケアリー

商品詳細を見る
クシエルの矢〈3〉森と狼の凍土 (ハヤカワ文庫FT)クシエルの矢〈3〉森と狼の凍土 (ハヤカワ文庫FT)
(2009/10/30)
ジャクリーン ケアリー

商品詳細を見る


何を隠そう、絵買いしました

またですか、まったく懲りませんね

ちなみに、表紙の美しお姫様のような女性がこのお話の主人公です

しかし、今のうちに言っておきますが、それは全くの誤解です
おかしな幻想はイマジンブレークしておいてください

彼女は高級貴族相手の娼婦で、このお話は彼女の宮廷陰謀と出世の物語です

彼女は、デローネイという、貴族に身請けされます
そこで彼女はスパイとして、語学や、もろもろの知識を仕込まれ、多くの貴族の寝屋に送られます

いやはや、頽廃とエロスの連続です、というか、ほぼSMの連続ですw
お客も男だけではありませんw

シーンはありませんが、BLネタ満載です

クライマックスのスケスケドレスでダンスするシーンは正直笑いました

しかし、この幸福な日々は続きません
フェードルの主人のデローネイは政敵に暗殺され、その昔のボーイフレンドらしい皇太子は自害させられます

そして、奴隷として、他国に売られます
この国が又、バイキングをモチーフにした国なのですが、政治体制から風俗まで見事に描写されております

無論、皆大好きな夜中にスパイクを打ちこむシーンもありますよ

さあ、フェードルの恋と復讐の顛末はどう向かっていくのか
自分も2巻途上までしか読んでません

ラノベの読みすぎで、こういう本は結構きつい、今日このごろですw




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

2010-09-18 : 異世界を舞台としたもの : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。