天鏡のアルデラミン 放送前

いやいや、最初のキービジュアルで吹いた後

最初のPVでたらこ唇とか散々だったアルデラミンですが

放送前に、あがったpvやら予告動画を見るとなかなかの出来みたいな感じですねえ

個人的には、この作家のデビュー作の誕生構文から追っかけてるというか

手当たり次第にラノベを読んでいた中に、この作家があったという訳ですが
本気で追いかける気になったのは、メディアワークス文庫で出ているスメラギガタリからですかね

陰陽師やら昔の呪術が公に公認される現代によく似た世界観での陰陽師物という
東レみたいな世界観の話で、同じく平将門が復活するという
まさに、東レみたいな話でしたが

伝説を重厚に調べあげた深い世界観と、バトルが始まるかと思いきや
呪術テロを始めたかと思うと、演劇を始めるという、ある意味呪術テロらしい展開の話でしたが

天鏡のアルデラミンも
重厚というか、凝った世界観と、時々かっ飛ばすようなストーリ展開はこの作家の持ち味ですね

そこで重厚な世界観というか
初見の人への簡単な紹介といいますか

前にも書きましたが、アルデラミンは19世紀くらいの近世くらいの文明レベルの話です

PVでも銃持ってる兵士が並んで行軍しているのに
ヒロインが剣で大立ち回りしているのを見て、どっかの嘘糞ファンタジーかと思った方もいらっしゃるかもしれませんが

何しろ、この時代、滑空式の銃ですから、相手になかなか当たらないので
騎兵が突撃してチャンバラが発生したりする時代でもあります

さて、このアルデラミンの銃を

風銃 という訳ですが、仕掛けは精霊が風を送って、鉛弾を打ち出す仕組みです

映画パトリオットあたりを見ていただければ、この時代の史実の戦闘が再現されているわkですが
まさに、隊列を組んで、お互いが顔が判別するまで近づいて、相手が潰走するまで撃ちあうという

かなりシュールな戦闘になります

ま、どうせアニメは適当にごまかすでしょうが

ただ、実際のマスケットと違って、風銃は風の精霊と契約した人でないと使えないので
クロスボウ持ったりしている兵もおります

宗教観
アルデラ教という宗教が作中、カトヴァーナ帝国でも国境として崇められていますが
本山が帝国外にあるところが話を複雑にしています

また、アルデラ教は精霊は主神が作りたもう物としてかなり扱いにうるさい教団で
精霊の虐待は犯罪になってしまいます

また、皇位継承の担保も精霊が行う為など、最初は無駄な小道具かいらないマスコットのような精霊は
後々重要なファクターになってきます

そして、アルデラ教は科学をある意味敵視しており
当代の科学者であるアナライ博士を帝国から追放した件にも深く関わっていたりします
宗教と科学の対立はアル意味使い古されたテーマではありますし

創作世界の宗教はさらに運臭いのが定番ですが
精霊というオーパーツを管理する事で
何か世界の根幹に関わるうん臭さを醸し出すことに成功しているとも言えます

アニメは導入部であり
世界観はあまり広がらない為、とってつけたような設定が無駄にあるようにも見えますが
2部からはアラナイ博士なども登場し、世界観が広がりつつある作品でもあります

まあ、名前は物を端的に表すというか

天鏡のアルデラミンと聞いて
変なタイトルだと感じる方も多いですが

やはり、変な作品だとも言えます・・・

関連記事
スポンサーサイト

2016-07-05 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト