スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

天鏡のアルデラミン 10巻

アニメも静かに始まり
なんじゃこれはとか

ブサイクなキャラは見ないとか
いろいろ、反響を呼んでるアルデラミンの最新刊が刊行されました

最新刊の概要ですので
アニメ新規組にはネタバレもいろいろありますが

淀んだ帝国を父親である皇帝を退け
あの内覧を治めて血を血で注ぐ暴君として
帝国の引き締めを行うシャミーユ殿下ですが

その圧政をキオカにつけ込まれ
ついにアルデラ教徒が反乱と国外への亡命を行い
その混乱に乗じてかの捕虜となった海軍の将兵達も脱走

それを、迎え入れる為に現れたキオカ軍にマシューの部隊が窮地に
その救援に訪れたシャミーユ殿下もキオカの名将ジャンの策略にはまり
絶対絶命のピンチに陥った所を、ヤトリの父の言葉で復活したイクタが救援軍を従えて駆けつけるというのが
あらすじなわけです


まさに、不眠の輝将ジャンとイクタの知略を尽くした戦いが幕を下ろします

その上、帝国軍の中には、恐怖のモンスター、その行動には悪意しか存在しない
恐るべきキオカのスパイ、パトレシーナの存在がありました

旧態かつ熟練のキオカの戦列歩兵対、最新鋭のレミオンスナイパー部隊
新兵器の天空兵や、かのアナライの匣よりとり出されたる新兵器、爆球

はては、捕虜を使ったトリッキーな作戦などあらゆる知略が戦場を支配し
見方陣営ではパトレシーナとの強烈なジョーカーゲームが繰り広げられます

そして、パトレシーナとの最後の対決は、なかなかのものでしたが

まあ、最後の顛末はこれどうなのとは思いましたが
シリアスな時はとことんシリアスなくせに
この最後の甘さが良くも悪くも宇野朴人というラノベ作家というべきでしょうか

そして、いよいよ、物語の中核を担うアナライの一派が帝国の側にも登場してまいります

方向性的には、帝国が民主化して終わるんだろうなという路線が濃厚になってまいりましたが





関連記事
スポンサーサイト

2016-07-10 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。