スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

さて、アルデラミンにて、一行が帝国にお帰りになりましたね

一時の電撃アニメとは思えないほど空気のアルデラミンですが

ほぼ、2話まで放映を終えて

そろそろ3話の予告も見れるようになりました

さて
戦争において、名軍師が奇策で戦局をひっくり返す
戦場での部隊の位置認識

などが注目されがちですが

一番重要なのは部隊と指揮官との関係でしょう

かの、曹操に青州兵があり
かの、シーザに第10軍団と第13軍団があり

ワーテルローでナポレオンを破るきっかけになったドイツ軍も
敗走しかけた所で老将軍の巧みな話術で立ち直るなど

優秀な指揮官は部下の掌握も重要です

所で、世の戦記物は大きな戦いを書きたいあまり
名軍師や将軍はいきなり戦場の檜舞台に現れます

最上位士官が戦死し、いきないり艦隊の指揮を取ったヤン提督やらのケースはわりと多いパターンで
魔弾のように、いきなり他国の有力者が精強な騎兵を貸してくれたりする場合もあります

貴族出身とか王子、王女か主人公として好まれるのも
亡国ながらに、国の為に死ねる手兵がわりと集まり易いという利点もあるわけです

そうでない場合は、当然一から部隊編成を行っていかなければなりません

こういう展開は外国の軍事冒険物では多く
だいたいは士官学校に放り込まれて、猛訓練と人間関係のいざこざに叩きこまれます

性格の悪い先輩や反抗的な後輩をいかに対処し
ライバルとの模擬戦でいかに好成績を収めていくか

これで、頭角を表す事で、組織評価もあがり
一緒に相手を出しぬいた部下達は主人公の精鋭になっていくわけです

たとえば、エンダーのゲームでは
それぞれ競い合っていた小隊の指揮官達が
エンダー率いる艦隊の部隊長となり、エンダーの手足のような存在になります

会戦を繰り返して信用を得ていく話に比べると地味ですが
説得力は増すわけです

特に陸戦はひとつ間違えれば造反した部下が後ろから撃ってきます
さらに、この作品で主力になるのは風銃を持った戦列銃歩兵

士気が低ければ、一発撃ちあうだけで即戦列が崩壊しかねません
史実を元にした映画パトリオットでも、民兵曰く、赤服と撃ち合えるのは1斉射まで、2斉射は厳しいというくらいです
開放奴隷である黒人が開放されてまだ戦列に残り、周囲の人種差別ばりばりの白人達が
お前と並べて光栄だと言うくらい、とっても根性入った戦いしますからね




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

2016-07-22 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。