ソードアート・オンライン 6

ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)
(2010/12/10)
川原 礫

商品詳細を見る


さて、やっと最新刊に追いつきました

これはまた、分厚い割に、颯爽感があっていいですね

要約すると、美少女似の黒髪剣士が、銃弾を切り裂きながら
死銃という恐るべき銃を扱う殺し屋と戦うオンラインゲーム小説になっていますね

しかも、本来安全なはずのオンラインゲームで殺人が出来るのかというミステリ仕立てにもなっています

まあ、RPGって当初、キャラを自分で動かすことで、戦闘とかに臨場感が出るのではと期待した人も多いでしょうが
どうあがいてもゲームはゲームでしかありません
まだ、作者はそのあたりは達観出来てませんねえ
いや、社会全体がまだ達観出来てないんでしょう

オンラインゲームの暗部と言えば、アカハックによりアイテム盗難やら、
キャラの不正使用によりPKキャラになっていたとか

ゲーム内での誹謗中傷合戦とか

わりと、泥臭いネタが主でしょう
いわゆる、ゲームという、社会インフラの優先度の低い分野故の、セキュリティの脆弱性ですね

特に、このような、リアルマネー公認のオンラインゲームが出てくれば、さらにこの手の問題は深刻化するでしょうね

そう言う意味で、まだまだ、戦闘故の生死などにこだわりすぎのような気がします

いや、面白いですよ、やっぱり、剣で銃弾はじきながら駆け回るのってかっこいいし
社会面アプローチがまだまだこなれてない分野なんでしょうね

しかし、銃のオンラインRPGで剣で弾はじく技が開発されたら
次の週には、パッチが当たってそうです・・・・

さて
ふと思いましたが、このような、公式にお金の稼げるオンラインゲームが作れるかどうかという事ですが
結論から言うと、実は結構難しいと思います

何しろ日本は賭博が禁止です・・・・
後、お金を扱える銀行は許認可制です
しかも、護送船団の名残で日本の銀行のヒエラルキーはまさしく鉄の規律ですw
このヒエラルキーを犯す物はとんでもない目に会います
この間も、運送会社の代引きシステムを廃止しようとおおもめしたところです

本作のケースは、本物のお金でなく、オンラインマネーというグレーゾーンを使って逃げていましたが
グレーゾーンなど許されないほど規制の厳しいのがこの金融システムです

新興のゲーム業界が入り込むのはかなり難しいでしょう


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

2011-02-03 : サイバーパンク風 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト