スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ヒメカミ

ヒメカミ ~緋焔の吸血姫(レイブラッド)~ (MF文庫J)ヒメカミ ~緋焔の吸血姫(レイブラッド)~ (MF文庫J)
(2010/09/18)
星家なこ

商品詳細を見る


吸血鬼
この世界でも弱点だらけの伝説の怪物を題材にした作品は多いです

吸血鬼が人気の多い秘密は、吸血衝動がいわゆる性的興奮を連想させ
吸血行為が接吻を連想させるからだとか

後、モデルのドラキュラが王様だったり、伯爵とよばれたりと、高貴なイメージが付きまとうのが人気の秘密だそうです
高貴な悪役とは昔から人気のあるキャラクタータイプですからね
まあ、副題に吸血姫となってるだけに、この作品もそのあたりを狙っている感が多分にあります

この作品は、吸血鬼が通う学校を舞台にした学園物です
吸血鬼を支配する時村一族の支配する学校に主人公は在籍しています
主人公は吸血鬼でありませんが、吸血鬼に血を吸わせることで、吸血鬼の能力を飛躍的に上げる事が可能です
そのため、時村一族の監視下に置かれています

とはいっても、時村一族の双子の女性と幼馴染として付き合ってるので、主人公もその境遇を自然に受け入れています
古くから続く特殊な一族はこれまた伝記物のパターン通りの設定です
さらに、吸血鬼を退治する鳴神一族の女性が血を吸わせる事を条件に押し掛け恋人として現れます

又、吸血鬼も女性ばかりで、主人公とは男女という共生関係にあり、何人かの吸血鬼達が主人公のサポート役として登場します

話は、無難な展開で終わっています
前作、蒼月のイリスは、主人公が主人公してましたが、唯の高校生と異能者の戦いで、主人公を勝たせるために、無理やりな展開が多くが眠くなるようなバトルだったのですが
今回は吸血姫の能力が高いせいか、なかなか派手なバトルが展開されています
しかし、主人公は空気になります・・・・

個人的に、時村側の双子が頭の中でヒロインとして位置ずけられていたので、最後の展開は拍子抜けしましたが
表紙を見れば予測のつく展開でした
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2010-10-29 : 伝奇アクション : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。