スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚

魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 (GA文庫)魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 (GA文庫)
(2011/07/16)
葵 東

商品詳細を見る


毎回魔法の仕入れに苦労する
ファンタジーなのかとおもいきや

無駄に中二病の話になってしまったお話です

ドラゴンという種族の扱いはいろいろです

空想上
人間の生活圏で生きれる
史上最強の生き物といえばクアールですが

ファンタジーで最強と言えばドラゴンです

ドラゴンがクアールに劣る理由はいろいろありますが
まず図体がでかいので
燃費がかかるであろうという点

ハ虫類がベースなので
寒い地域で活動出来るかどうかあやしい

電子機器が扱えない
などなど

あげるときりがありません
クアールは真空中に投げ出されても
生きていましたが
ドラゴンを真空中に放り出すと
どうなるかわかりません

鱗はせいぜい鉄の鱗か第3世代戦車並みで
ハイパーメタリックシリコン(適当造語)の未来アーマを切り裂き
プラズマ砲のビームを磁場で消失させるクアールに防御で難点があります
等々

知能指数という点では
人間並みという点でクアールに遥におとった生物でしかない
ドラゴンですが

人間にとってはとても脅威です


人間の特性は戦闘力ではなく
繁殖力と汎用性ですので

量産型MSジムとビグザムを兵器の有効性で論じても無駄なだけです

いちおう
ドラゴンキル戦争(ドラゴンが人間を一方的に殺戮する戦争)
が勃発する寸前で止まったのはめでたい事です

そのドラゴンキル戦争の生き残り
ワームの友邦帝国の竜魔法使いが

異世界でひっそり竜魔法を伝えたか伝えてないかは
定かではありません

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

2011-11-23 : ほのぼの系ファンタジ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

いや、爆笑した
「戦いは数だよ」とギレンを叩きったドズル中将ですが、ビグ・ザムの攻撃性能に酔っちゃって「ビグ・ザム量産の暁には」と矛盾したこと言っちゃいましたからねぇ。
まぁ、確かに劇場版で追加されたシーンで一斉射撃で戦艦1巡洋艦20隻沈めたら攻撃力に酔っちゃうのもわかりますね。
とはいいつつビグ・ザムも立った一機のモビルスーツに撃墜されるわけですからドズルの「やらせはせん、やらせはせんぞぉ」と言わしめるに値するわけですが。

さて、ドラゴンについてですがドラゴンの扱い自体が作品ごとに色々とありすぎて今回のクァールとの比較にはいくつか異議があったりもするし。
ドラゴンが真空でというあたりについては、記憶違いかも知れませんがパーンの竜騎士では胞子退治に宇宙に出ていたようにも思いますし、竜魔法には人間を始めとする「劣等種」への変身魔法も入っているものもありますから、小技他に疎いということも解決するような気もします。そもそも世界によっては竜の知能は動物並みから神の知識までもっているものもありますからなんとも言えません。
なんせ、大抵は退治されることが前提ですから「竜の鱗」の強度も作者の都合よく解釈されていることありますね。
また、熱耐性にしても「炎・熱無効」という脅威の耐性がありますから下手するとビームじゃ傷ひとつつかないという説もなきにしもあらずなんですよね。
笑えるファンタジーでは「ドラゴンのドラゴンによるドラゴンのための設備」のためにデモ行進するというのもありましたがw


つか、ちょっと調べてびっくりしましたがアン・マキャフリーって一昨日亡くなってたとこなんですね。
ニュースに引っかからなかったので驚きです。
ご冥福をお祈りします
2011-11-23 19:05 : KANAAN-PEPO URL : 編集
Re: いや、爆笑した
> 「戦いは数だよ」とギレンを叩きったドズル中将ですが、ビグ・ザムの攻撃性能に酔っちゃって「ビグ・ザム量産の暁には」と矛盾したこと言っちゃいましたからねぇ。
> まぁ、確かに劇場版で追加されたシーンで一斉射撃で戦艦1巡洋艦20隻沈めたら攻撃力に酔っちゃうのもわかりますね。
> とはいいつつビグ・ザムも立った一機のモビルスーツに撃墜されるわけですからドズルの「やらせはせん、やらせはせんぞぉ」と言わしめるに値するわけですが。
>
> さて、ドラゴンについてですがドラゴンの扱い自体が作品ごとに色々とありすぎて今回のクァールとの比較にはいくつか異議があったりもするし。
> ドラゴンが真空でというあたりについては、記憶違いかも知れませんがパーンの竜騎士では胞子退治に宇宙に出ていたようにも思いますし、竜魔法には人間を始めとする「劣等種」への変身魔法も入っているものもありますから、小技他に疎いということも解決するような気もします。そもそも世界によっては竜の知能は動物並みから神の知識までもっているものもありますからなんとも言えません。
> なんせ、大抵は退治されることが前提ですから「竜の鱗」の強度も作者の都合よく解釈されていることありますね。
> また、熱耐性にしても「炎・熱無効」という脅威の耐性がありますから下手するとビームじゃ傷ひとつつかないという説もなきにしもあらずなんですよね。
> 笑えるファンタジーでは「ドラゴンのドラゴンによるドラゴンのための設備」のためにデモ行進するというのもありましたがw
>
>
> つか、ちょっと調べてびっくりしましたがアン・マキャフリーって一昨日亡くなってたとこなんですね。
> ニュースに引っかからなかったので驚きです。
> ご冥福をお祈りします

パーンの竜騎士は確かに宇宙に出たような気もしますね
(無論笑いを取るために意図して外させております)
宇宙空間を飛べる竜の設定は他にも幾つか記憶しておりますが
このレベルの竜は生物の限界を超えています

まずゲームのルナ2の後日談で、月から地球に帰ったヒロインを追う為
世界を放浪した主人公が竜に乗って宇宙を渡っています
このゲームの竜は純粋に神です

もうひとつが竜魔法の発祥地と思われるRQです
グローランサの竜は法と混沌の体系から外れた存在であり
法の支配する世界、グローランサを飛び越え
混沌の世界を航行することが可能です
この世界には竜魔法を唱える一派がおり
一時期は魔術師の最高峰たる神知者達と世界を二分しますが
何らかの世界の神秘に触れすぎた人間はドラゴンの長老達の逆鱗に触れ
竜魔法を唱える一派の帝国ワームの友邦帝国は一晩で滅び去ります
これをドラゴンキル(ドラゴンによる人間の殺戮戦争)と呼びます
そのワームの友邦帝国の残骸、ドラゴンパスに新たに作られた王国
サータの皇子アーグラスが古のワームの友邦帝国を復活させ
神知者の禁断の知識の継承者赤い月のルナー帝国との戦いが
RQのグランドキャンペーンと言えます

RQのドラゴンは、大きさは巨大山脈そのものなので
人間がどうこう出来る大きさではもはやないですが
この場合地上での活動力ではクアールに分があるかもしれません
(またまた・・・)

ようするにRQの成長した竜は宇宙戦艦みたいなものであり
これと対等に比較出来るのは
トップをねらえの宇宙怪獣とか
前宇宙から残ってしまった
マインドイータの石とかそんなレベルになってしまうでしょう

永遠のアセリアの竜も他の世界からの侵入者であるエターナルから
世界を守る番人で強力な存在です
この魔材のドラゴンの設定に一番近いかもしれません

しかし
知ってる作家が次々にお亡くなりになりますね

2011-11-23 21:11 : tonkatudon URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。