スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

はぐれ勇者の鬼畜美学

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) (HJ文庫)はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) (HJ文庫)
(2010/05/01)
上栖 綴人

商品詳細を見る


一言で言うと
ランスとレインとケンシロウを混ぜ合わせた破天荒キャラが

経絡秘孔をついてヒロインを口説き落とす
そんなお話です
後、ファンタジーの異世界と少し技術の進んだ現代とが同時進行する構成になっています

まず
はぐれ勇者という意味ですが
魔王を倒した人間は勇者と呼ばれますが

異世界に飛ばされた主人公が
まだ無力な時に
本来の勇者になるべき人間を
身代りに殺してしまった事を
負い目として自分に課してるあだなです

そして
主人公は異世界の神界で
女性の下着を瞬時に抜き取る
神秘の技と
女性の快感を無理やり高めて
リラックスさせるツボを
神々に伝授されて
戦乱の異世界に再度降り立ちます

まあ
このツボ押し療法は
戦闘でも有効で

主人公はついに魔王を倒して
なんと
元の自分の世界にトンずらする事になります

しかも
魔王の娘までひきつれて

そして
元の世界では
少年少女たちが
いくつかの異世界に召喚され
魔法という力を手に入れて帰ってくる事件が相次ぎ
ついにコクーンと呼ばれる超国家組織が結成されておりました

コクーンは異世界から帰還した少年少女を集め
学校で教育し
世界の紛争に彼らを派遣して
世界のバランスを守る超国家機関となっており
主人公たちもこの学校に通う事になります

まあ、5つくらいしかない世界で複数クラス組めるくらい少年少女が召喚されるわけですから
一つの世界に何人召喚されたのか想像するに恐ろしいですが

大体の人間は生きるのに精いっぱいで
勇者になるような虫のいい話にはならないようです

まあ、主人公は順調に痴漢まがいの行為を行いながら
コクーンを相手に何やら因縁があると複線をばらまいていたのです

これだけ設定だらけだと
お話が説明調になって
意外に印象に残らないのですが
破天荒でなおかつ
行動的で、経絡秘孔ですべてが許される主人公を持ってくる事で
インパクトある話になっております

まあ
エロの限界を挑戦している感もありますが
面白い話はえてしてエロイものです

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

2012-01-30 : ヒーローアクション : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。