新任少尉、出撃! 海軍士官クリス・ロングナイフ

新任少尉、出撃! 海軍士官クリス・ロングナイフ (ハヤカワ文庫SF)新任少尉、出撃! 海軍士官クリス・ロングナイフ (ハヤカワ文庫SF)
(2009/12/10)
マイク・シェパード

商品詳細を見る


やっと積み本が片付きました

所謂あちらのミニタリー物のSFですが
なんというか
あちらの女性キャラは逞しいですね

クリス・ロングナイフとは
地球から人類が600ばかりだかの他の星域に入植した時代の
大統領とかを排出する一族の娘です

まあ
若く有能な彼女は自分の力を試したいと
海軍(所謂宇宙海軍)に入隊し

人質救出作戦など困難な任務をこなしていきます

そして、おりしも
地球といくつかの星域の政治対立から
地球圏から分離独立するという

どこぞのロボットアニメのファンが大騒ぎしそうな話の展開になっております


ガンダムは出てきませんが

ちなみに
ロングナイフ一族はその中の穏健派に属し
地球圏と独立派が過激な大戦争に突入しないように苦心しているという立ち位置なのですが

当然
過激な一団が存在しており
ロングナイフ家の一員としてヒロインは
彼らの陰謀に次第に巻き込まれていくことになります

立ち位置的にロングナイフ家がジオン・ダイクン派で
分離独立派がザビ家

地球側はコップ提督といった所ですか

・・・・
どういう例えだ・・・

こうして見ると
ヒロインのイラストも有能なセイラさんって感じですね

まあ、ガンダムから離れるとして

実際はあちらのミニタリーSfの王道というか

アメリカの文化をかなり取り込んだ面白い内容です

海軍は議会の決定で予算を削られ
士官は自宅待機
兵士の除隊は早まり

突然
最悪な入植地で
食糧運送の任務を受けを和されるとか
(まあ、今風のソマリアみたいな惑星ですね)

まあ
世界帝国となったアメリカと世界との縮図みたいな内容になっており
それが
アメリカミニタリーSFの魅力なわけです

それと
ヒロインを取り巻く男性陣がこれまた

特に同僚のトム少尉が又
いい味出しています

しかし
こういうミニタリー物で絶対出てくるのが
バグパイプです
なんというか、自分はあれが出てくるたびに大笑いしてしまうんですが




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

2013-03-14 : 通常SF? : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト