スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

艦これは楽しいが、アメリカ軍がないと寂しよね

イベントマップ延長で
艦これもにぎわってますが

新人提督の自分は
主戦線をしり目にまったり演習と

近海防衛任務に就いております

しかし
保有艦艇の半数以上が大破とか
なると
このクソ提督とか
艦娘達が罵倒を浴びせてくるような気がするのですが

今日もまた
強行偵察!!
損害に構わず前進しろ
などと心の中で叫びながら

艦娘達を前線に追いやっています

しかし
第2次大戦はゲームなり映画なりではメジャーなのですが

太平洋戦争物は不遇な物が多いです

映画やメディアはまあ
日本はアレな人が多いせいもあるのでしょうが

PCゲームに至っては
提督の決断とか太平洋の嵐とか
ほぼ2拓ですし

これは

艦隊戦が意外にいろいろな要素が混じってる為
一元さんお断りの
複雑なゲームになりやすいのも一因です

これは
ボード時代からの伝統でした

初期の頃は今は亡きSPIの超大型ゲームか
初心者用のちゃちな海戦ゲームしか存在しなかったように思います
所謂、ファミコンでワゴン、ワンコインで売られているレベルのゲームですね

反対にSPIのゲームは反対に
マニアックすぎて
気軽に楽しめるものではありませんでした

何しろ
各軍3名で
1人が総司令官をやって
他が補給担当将校をやって
ひたすら、油や物資の計算をやるという
補給ゲーム(やった事ないので又聞きの知ったかですが)
だったそうです

やがて
国産のメーカも幾つか艦隊戦のゲームを出すようになったのですが

初期のいくつかをプレイした感想としては
細かい割には
ゲームとして工夫する項目があんまりないんですね

さて
その中でうちに現存する一つが

太平洋艦隊と名の付く
戦略級のボードウォーゲームです

太平洋の戦いを日米両軍の指揮官となり
ひたすら戦い抜く
ボードゲーム版の提督の決断といった感じですが
恐ろしい事に
戦力比はほぼ史実通りです

序盤は日本軍は快進撃できますが
ガダルカナル戦で戦力は拮抗

あとは
連合具の圧倒的物量が猛威を振るいます

特に補給、索敵、修理能力などで

日本軍にはシビアなルールが課せられており
全力で艦隊を動かすと
あっという間にガス欠に陥り
行動はアメリカ軍に筒抜け

損害が出ると本土に出戻り

陸軍は大陸から抽出する為
部隊に損害が出るたびに
大陸戦線が貧弱になっていくと

まるで
マゾのような仕様のゲーム展開になります

反面アメリカ軍は
後半はマップが雪崩を起こすほどの
空母のや艦船の山を何のペナルティもなしに動かせる
という素晴らしいパワープレイが展開できます

マリアナ海戦あたりに至っては
アメリカ軍スタック(艦艇などを表すコマがバベルよろしく積みあがる事)
が乱立する有様です

恐ろしい事に
最後の投入される戦艦は大和より戦力評価が高い有様です


ゲームの分際で勝利条件が無いという
お茶目使用でもあるわけですが

まあ
プレイアビリティのいい艦隊戦ゲームが手軽に遊べるようになったという事で
いい時代にななったものです

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

2013-11-13 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。