東京レイヴンズ23 最後はノリですよ

いや
正直天馬のステルスとか

京子の星読みとかどうなるのか不安でしたが

まあまあ乗り切った感じですね

ちなみに
天馬の話は最初読んだ時は
あまりの潜入の簡単さに吹いたものですが

いや
ソーシャルハッキングとは恐ろしいものです

ちなみに
鏡のメガネが火吹いたのは
鵺の回で大友先生が仕込んどいた呪詛ね

まあ
京子の星読みは
冷静に考えれば何言っているんだって感じですが

あそこで
最後の一押し(ある意味悪い方に)をたきつけてしまった感がありますね

まあ
アニメでは薄れてますが
呪術の深みに入ると

結局人間性というか
通常の人間の価値観がずれて
呪術者サイドという闇の価値観に引きずり込まれていくような

そんな原作のノリがわからないと
少々あの展開は理解しずらいというか

そんな感じですね

結局
禁呪の行使は人間性という天秤を闇に傾けていく訳です

それが
原作のバランスのとり方という感じですか

さて
次は待望の春虎君のバトルがあるのですが

・・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東京レイヴンズ
ジャンル : アニメ・コミック

2014-03-19 : 伝奇アクション : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ログホライズンを見終わって «  ホーム  » 隣のUbuntuはよく見える
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
東京レイヴンズ #23「to The DarkSky -陰陽-」
東京レイヴンズの第23話を見ました。 #23 to The DarkSky -陰陽- 冬児や鈴鹿、京子の春虎奪還作戦に参加しなかった天馬は目の前に現れた涼の助言により方向を修正し、冬児達とは別に単身陰陽庁に潜入する。 そして、その中で自らの在り方を認識し隠形術を会得し、魑魅魍魎と霊災のひしめく陰陽庁を単独突破し、『鴉羽』の封印を解除するのだった。 「さぁ行って、春虎く...
2014-03-19 05:53 : MAGI☆の日記
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト