スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

久しぶりにSFを読む

久方ぶりに早川に手をだしてしまいました、もちろん、SF的な意味でですが。
ミステリーにおいては、早川は海外翻訳本以上の意味はありません。

とはいえ、現役SFファンから引退してかれこれ20年、昔はいっぱしのSFファンだったが、膝に矢を受けてしまってな、とか、語る状態なので、今どんな作家が書いてるのかも分からない状態なのですが。

とりあえず、グレグ・イーガンが今ハードSFを書いているらしいので、読んでみました。

順列都市とか、いろいろ書いているみたいなのですが、
都市とか聞くと、鋼鉄都市とか、都市と星とか往時の名作がスラスラ頭に上って、
比べてしまうので、とりあえず敬遠し、短編集から入りました。

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)
(2011/09/22)
グレッグ・イーガン

商品詳細を見る



まあ、名前からも、イラストからも何の話なのかよくわかりません。

量子論がらみの話とか何とか。

・クリスタルの夜
アルドナリスは出てきません。
FFでもありません。

人口知能と文明シミュレーションの話っぽいです。
人工知能が演算力でないという当たり前の話をまともに書いてるだけでも好印象です。

しかし、話は、驚異的な演算力で知能のある個体を演算した世界で生活させるシミュレーショの話になり。
次第に、演算機の中の個体にいろいろな制限を加えて、文化の進化を促進させる話になります。

・エキストラ
 ポストヒューマン物が好きな自分にはあたりの話でした。
 要するに金持ちが自分のクローンを飼う話ですね、
もちろん、体のスペア用ですが、最後に脳移植を行うのはお約束ですね。

・暗黒整数体
long int i1,i2、i3;
dark d1,d2,d3;

いきなりdarkとはなんぞやという話ですね。
4千9十6bitの特殊な定義の定数の型ですね。

要するに、ブラックボックスです。

話はよくわかりませんでした。
後あとわかってくるのかもしれませんが。


読んだ限りですが、
昔のハードSFは実体技術といいますか。
特殊な建物、宇宙エレベータとか、哲学的な宇宙意思みたいなものを想定したり、
まあ、ある意味、わかりやすかったのですが。

純粋数学的なネタが根幹にあるようで、
読んでいて、微妙なまどろっこしさがありますね。

とはいえ、文章は先人のそれとは比べ物にならないほど読みやすく感じます。
これは、訳者の力かもしれませんが。
※昔の東京創元とか読みにくいッたら。

関連記事
スポンサーサイト

2014-06-09 : ハードSF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。