スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年

大航海時代の少し前。
ガレー船が主力の地中海での海洋国家のお話です。

ヴェネツィアとは、結構縁遠い国で、
せいぜい、カレンダーに映る綺麗なヨーロッパ風の水路とかしか知らない国なわけです。

ヨーロッパ史も、西ローマ滅亡あたりから、だんだん怪しくなって。
フランク王国あたりは、投斧でヨーロッパを統一した国レベルのイメージしかなく。
いきなり、絶対王政からマリーアントワネットに知識の年表がすっ飛んでしまうわけですが。

地中海史というものもなかなかおもしろいですね。
今回は、フン族の襲来より、安全のために、沼地という天然の要害に逃げ込んだ、ヴェネツィアの人々が、
次第に頭角を表していく話です。

そして、圧巻は第4次十字軍の攻防です。
最初、第4次十字軍について知った時は。

どこをどうすれば、キリスト教軍がコンスタンチノープルを攻めたのか?
その行動原理がさっぱりわからず。
十字軍の自己評価がが天井まで悪化するわけですが。

今回やっと合点がいきました。

ちなみに、ヴェネツィア海軍の海の櫓というか「動く橋」は、
昔絵入りで見た事があるわけですが。
やっぱり圧巻です。

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
(2009/05/28)
塩野 七生

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

2014-08-24 : 歴史ドラマヨーロッパ中世 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。