中世モノ

西洋中世風というのはひとつのジャンルで

ゲームから、ファンタジー小説まで
様々です

しかし
日本人がリアルに西洋中世を描こうとしても
これがリアルになかなかならないというか

外人がトチ狂った日本を描くような感じになるのが常です

そこで
自分が読んだ向こうの歴史モノみたいなのをまとめてみました

大聖堂 (上) (ソフトバンク文庫)大聖堂 (上) (ソフトバンク文庫)
(2005/12/17)
ケン・フォレット

商品詳細を見る


NHKだかで放送してたらしいのですが
放送版は見てて眠くなったので途中で見るのをやめました

大聖堂を建てることを夢見る建築家と、イギリスの政治陰謀を絡めた話です

まあ、自分も上巻で止まってるんですが

聖堂という美しい建築に魅入られる職人の信念とか
聖堂を建てる経済的な側面
教会の経営とか、市場、石切り場の使用権とか
それにまつわる政治との駆け引き等

とにかく緻密です

薔薇の名前〈上〉薔薇の名前〈上〉
(1990/02)
ウンベルト エーコ

商品詳細を見る


昔映画でやってたやつです
修道士が探偵役の話なのです
とはいえ、内容はあまり覚えていません

おそらく、読んだ時は難しすぎたのでしょう

聖女の遺骨求む ―修道士カドフェルシリーズ(1) (光文社文庫)聖女の遺骨求む ―修道士カドフェルシリーズ(1) (光文社文庫)
(2003/03/12)
エリス ピーターズ

商品詳細を見る


前回の薔薇の名前と内容がもろかぶりしているいシリーズです
薔薇の名前よりエンターテイメント押しです

歴史物に言えることですが
史実をよりリアルにやろうとしても
今の感性と相入れないところが出てきます

そこで、面白おかしく脚色したりする訳ですが
まあ、日本人が中世物をやると
変に魔女狩りとか、残酷な部分とかをやたら強調し
西洋中世はこんなに残酷だったんだみたいなノリを繰り返すとか

そういう意味では
歴史物に現代風のらしい雰囲気を重ねあわせる事で
これは現在の人間が見て楽しめる歴史エンターテイメントになっています
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

2014-10-23 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト