スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

本物が欲しい(早く人間になりたい)

やれやれ、やっと俺ガイルも奉仕部が仲直りしました

1期の時代の八幡の斜め上スタンドプレーから始まり

今までのやり方が、実は周囲の近い人間を傷つけている事に気が付き
上辺だけの人間関係を続ける周囲の人間のやり方も一理あると考え始めた訳ですが

それが、上辺だけの関係を否定するという、主人公と考えを持つ同志にてメインヒロイン雪ノ下との決別を意味しており

その為、次第に奉仕部が崩壊していくというのが今までの経緯だった訳です

そして、一度は完全決裂を迎えましたが
先生の説得により今回奉仕部が和解に向かう訳です

これは、第一期の先生の依頼による八幡の更生という話から
八幡と奉仕部の本物の人間関係を構築するという依頼という形を取ったパラダイムシフトだった訳ですが


男女の本物の関係とはまさに恋愛な訳で
いよいよ、間違ったラブコメではなく本物のラブコメが始まるという事なのだと思います

まあ、ハーレム物でここまで人間関係をこじらして破局寸前までもっていく話というのは
ラノベでは貴重なので、個人的には面白く読ませていただいている訳ですが

結局、泣き落としでうやむやに解決したおかげで
雪ノ下がなんで生徒会長に立候補したかったのかとか
なんで、仮面の笑顔で1か月も過ごしていたのかという事について
まるで語られていないというなんともストレスの高まる解決をしたわけです

以後、現行で出ている話は、その補完として
雪ノ下の事情が次第に明るみになるようです

たとえば、昔、幼馴染である雪ノ下と葉山で恋愛まつわるいざこざがあったとか
それで、一期姉の台詞により、雪ノ下が選ばれなかった過去があり、失恋にかなりのトラウマがあるとか

後だしで、あのしょんぼり雪ノ下の態度の補完情報を出す形になっています

ちなみに、小学生時代は隣近所で東大が何人もいるわけのわからん所に住んでいたせいで
といか、一人は遊び仲間でしたw

さらに、同じクラスに灘に行った人間もおります
というか、中学受験はクラスが半分休みましたから

葉山やら雪ノ下の幼少時代の期待によるプレッシャーによるトラウマというのはなんとなくわかります
塾のかけもちは当たり前で、ピアノだの絵画教室だのと、スケジュールのびっしり詰まった生活を彼らは幼少から過ごしているのです。

まあ、SA0の方が、こういうエリート一族の内内の描写はリアルに描いてましたが
うちも、親が大きな一族の出なのでささやかながら身につまされる思い出も多々あります

特に雪乃家みたいな商売やってる家は、商売上のお付き合いも多く
それこそ、財閥から中小企業まであらゆる金持ち一族のうわさが飛び交います
何しろ、商売人は付き合いが大事ですから

さて、そんな環境で育った、子供のプレッシャーはとんでもない物です

まあ、結局社会の同調圧力に向き合う青春話になってるわけですが


自分なんかは、その同調圧力に反発して、まるで勉強はしませんでしたが

後悔はしてませんが、知識はやはり持っておくのに越したことがない訳で
学生時代は、少し、時間を無駄にしたかなと思わないでもないです

しかし
SFファンたるもの、本物と聞くと
アンドロイドは電気羊の夢を見るか=ブレードランナーとなります

サイバーパンクなど、人間の要素をサバイネティック技術の応用で、人間的要素を因数分解することで
実は人間というものを追及する文学だとも言えます

また、人間の行動をモデル化するゲームの理論(ジョン・ナッシュ教授に黙祷)などがありますが
比企谷君の思考過程にゲームの理論が使われた形跡は無く
作者がまさに文系脳を展開しており、ある意味笑ってしまいました

結局、言語系もただの集合論であり
本物という言葉の定義が問題な訳です

従って、微分とか極小の懸念のない言葉で論理展開すると、極論が支配する世界となってしまう訳です

言葉だと分かりにくいので、対比的な手法とかが好まれるわけですが
要するに、単純2元論に支配されやすい訳です

実際の現実はありのままなのですが、それを表す言葉ははっきりした定義がないため
とてもぶれが生じる訳ですね
それを、2元論で論じてしまうから、後で考えると失笑物の考えになる事が多々あります

しかしまあ
ちょっと姉系というか、リアル系の好きな人間には
2期のゆきのんはわりとストライクフリーダムな訳ですが

キャラの外見から行動まで変えたおかげで、批判が起きているようですね

意外にも、男性受けする女性キャラの代表は、だいたいが女性がデザインしたものが多いです
いちおう、うる星世代なので、代表はラムとかセーラムーンとかになるのですが

男性が女性キャラをデザインするとsexシンボルを作ろうとして失敗する事が多い訳ですが

女性がデザインすると、そういうのが取っ払われて、健康的な可愛らしいキャラが誕生する事が多いです

まあ、1期は自分はどうでもいいですが
キャラを変えなければ今頃はもっとブレイクしてたかもしれませんね





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ジャンル : アニメ・コミック

2015-05-27 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。