スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エルフと戦車と僕の毎日1、かくしてガンダパ大尉は無念に異郷の地で果てる

佐藤大輔という作家の付き合いは古いです

何しろ
ボードゲーム時代から追っていた作家の一人です

当時まだRPGが認知すらされていなかった頃
コアなオタク達はボードシミュレーションゲームを楽しんでいました

何しろ、巨大なゲームになると
体育館あたりを借りきって
ヨーロッパ戦線の各方面軍を担当指揮官を決め
総指揮官の命令一下自陣営の勝利のため知略を競い合い

果ては
スリリングな戦闘指揮官として、戦車や歩兵を指揮して戦い合う時代がありました

まあ、今のカードゲームはこの名残なわけですが

そのボードシミュレーション時代の最後を飾ったのが
レッドサンブラッククロスという日本とドイツが勝利した世界での第3次大戦物でした

インド亜大陸、そしてヨーロッパ半島で繰り広げられるIFの戦争は当時のヒストリカルゲームの発想を打ち砕くと同時に
シミュレーションゲームが持っていた硬派イメージが吹っ飛んでしまいました


以後
レッドサンブラッククロスは、インド亜大陸ではなくアメリカ本土を主戦場とした話に置き換えられ小説化されます
以後
皇国の守護者
など名作を残しつつも佐藤大輔は
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEADを最後に沈黙を守っていましたが

何やら怪しげなエルフと戦車のタイトルで書き始めました

上巻の内容はなにげにエルフの女性に囲まれたイチャラブと戦車
まさにそれだけでした

皇国の守護者のような次々に人がミンチになる地獄の戦場はありませんでした

しかし、平和を愛していそうな優良な軍人がテロで粉微塵になったり
平和なただれたエルフライフの後ろで、戦争という現実が迫りつつあるのがやはり佐藤大輔というところでしょう

そして
主人公が平静をおいながらも、次第に追い詰められているところもまさに佐藤節というか
只のいじめられっ子のA君が次第に魔王化していったように、彼は何者になるんでしょうね

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

2015-08-08 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

プロフィール

tonkatudon

Author:tonkatudon
よくいるオタク生活を送り続けた駄目人間です

趣味は読書(主にラノベ)、ゲームなどです
年々考えるのがおっくになるので、ますます趣味が駄目になっていきますね

まったりやってるのと、ネタバレもなんですから
新刊の感想は読んで一週間後くらいに掲示する事にしています

ランキンググラフ

FC2カウンター

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

読んでる本など

tonkatudonの最近読んだ本 tonkatudonの今読んでる本

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

グッズ

雑貨食料品

FC2アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。